知らないと損する!おとなびWEBパスの使い方とメリット・デメリット

おとなびWEBパス

おとなびWEBパスとは(条件)

おとなびWEBパスとは、JR西日本が運営している50歳以上のシニア向けクラブの会員用乗り放題きっぷです。おとなびWEBパスはJR西日本インターネット予約のe5489限定で発売され、様々なメリットがあります。

西日本線や智頭急行線の特急や新幹線、快速や新快速を含む普通列車の普通車自由席が3日間載り放題です。JR西日本宮島フェリーも同じく3日乗り放題なのでお得です。

会員は対象が満50歳以上で、J-WESTネット会員に登録する必要があります。会員登録は無料で、専用ホームページから簡単に会員登録ができます。

口コミなどでも評判が広がり、サービスを開始してから会員の数は100万人を突破しています。50歳からの生き方や大人の旅を応援する旅クラブは、メディアからの注目度も高いです。

会員になると魅力的な特典が利用でき、会員限定のお得な情報がメールマガジンで届きます。専用ホームページにはパソコンやスマートフォンからアクセスすることが可能です。

スポンサードリンク

おとなびWEBパスと大人の休日倶楽部パスの比較

おとなびWEBパスは、JR西日本が運営している50歳以上のシニア向けクラブ会員用の乗り放題きっぷです。大人の休日倶楽部パスはJR東日本が運営している50歳以上のシニア向けクラブ会員用の乗り放題きっぷになります。


どちらも50歳以上のシニア向けクラブ会員用の乗り放題きっぷなので、時々間違う人もいます。対象年齢は同じですが、JR西日本とJR東日本の違いだけでなくサービス内容も異なります。

大人の休日倶楽部パスは、JR東日本とJR北海道の前線が4日から5日間乗り放題になります。事前に座席の指定を受けていれば、普通車の指定席が6回まで利用可能です。

おとなびWEBパスの方が入会条件の敷居が低いので、入会しやすくなっています。利用期間も1回の設定期間が1ヶ月から2ヶ月と長いため、旅行好きのシニア世代に好評です。

価格については若干割高になるものの、50歳であれば誰でも購入できるので一般的なフリーきっぷと比較するとお得になります。

おとなびWEBパス利用期間の注意点

おとなびWEBパスを利用する場合、利用期間をよく確認しておく必要があります。2019年の最新の利用期間は、2019年5月22日から7月4日です。

2018年度は秋も11月27日から12月19日まで利用できましたが、2019年秋の予定については未定になっています。毎年3回ほど期間が設定されていますが、2019年も同じとは限らないので正式な発表を待つことになります。

おとなびWEBパスは、会員制のネット予約サービスe5489限定の発売です。利用開始日の7日前まで購入します。直前に購入することはできないので、利用開始日の7日前には購入を済ませておきます。

発売条件や利用条件は、JRおでかけネットで詳しく確認することができます。不明な点がある場合は、e5489サポートダイヤルで問い合わせを受付けています。

e5489サポートダイヤルの料金は有料になります。固定電話からは市内通話料金がかかります。営業時間は午前8時から午後10までで、年中無休で利用することができます。

スポンサードリンク

新幹線・特急の自由席「乗り放題」の注意点

新幹線の自由席は回数に制限がなく、乗り放題なので何回でも乗ることができます。回数の数え方は、1列車の1座席の利用が1回になります。旅行をする際に目的地まで複数の電車を乗り継ぐ人もいますが、2列車を利用して乗り継ぎを行う場合は回数は2回です。

特急列車の普通車自由席も制限はないですが、特急の中には無効列車もあるので注意が必要です。
有効列車については事前に確認が必要になります。

JR西日本全線とJR西日本宮島フェリー、智頭急行線全線に加えてIR石川鉄道の金沢から津幡もフリー区間です。普通と快速列車の通過利用で、乗り降りできるのは金沢と津幡の2駅だけになります。

他の駅で乗り降りをしたり、決められた区間以外の乗車は運賃が必要です。以前はグリーン車用の設定がありましたが、最新のサービスではグリーン車の設定はないです。

年齢制限はあるもののJR西日本最強の乗り放題きっぷと呼ばれているので、事前に注意点さえ頭に入れておけばお得に旅ができます。

指定席利用時の注意点

このWEBパスサービスは、期間中であれば平日も休日も関係なく3日乗り放題です。きっぷを受取る前にJR西日本インターネット予約サービスe5489で予約すれば、普通車指定席が8回まで利用できます。

きっぷを受取った後は、席の追加も変更もできないので注意が必要です。追加と変更については、きっぷ受け取り前にJR西日本インターネット予約サービスe5489のみで取り扱うことができます。

新幹線や特急列車の指定席を利用したい場合は、早めに確保しておいた方が安心です。利用回数が8回というのは、一般の旅行であれば十分な回数になります。

JR西日本の駅が近くなくても予約ができて便利ですが、当日はJR西日本の駅に行かないときっぷを受取ることができないので要注意です。

とてもお得で便利なWEBパスサービスですが、細かい条件や注意事項があるので旅行に行く前によく確認しておくことが大切です。不明な点がある場合は、早めに確認をしておくと旅の途中で慌てずに済みます。
スポンサードリンク