NTT固定電話を解約しても大丈夫?メリット・デメリット解説

固定電話の解約方法

NTT固定電話を解約するメリット

固定電話も携帯電話やインターネットの利用に際して要するプロバイダ料金のように基本料金が存在し、通話時間や利用頻度に関わらず一定期間の料金を基本料金として支払い続ける必要があるため、解約すると生活の中で定期的に支払う基本料金が1つ分減らせます。

また、携帯電話と異なるのは電話帳に各家庭の電話番号が掲載されるという特徴であり、不特定多数の方々に自らの電話番号が目にされる機会があると、様々な企業などから商品やサービスの販売に関する電話連絡が来る事が珍しくありません。

そこで、手続きを行い電話機を取り除けば電話帳の情報を参照して電話連絡する企業からの電話を受ける事が無くなり、全てにおいて自らのペースで電話が利用可能になります。

そして、固定電話は引っ越しをする際に連絡や手続きをする必要がある上に電話番号が変わってしまう事例もあるので再度電話番号を教える事が求められますが、解約すると手続きや番号の変更に伴う作業が不要というメリットが得られます。

スポンサードリンク

NTT固定電話を解約するデメリット(社会的信用・電話加入権)

携帯電話が普及した現代でも固定電話の存在価値は大きく、特に直結するのは有無により社会的信用が明瞭に変化する事です。

社会的信用というのは主に金銭面の事を指し、収入などについては問題が無いとしても電話が設置されていなかったり、設置していたものの解約した場合はローンを組む事が不可になる事が珍しくありません。

そのように設置していない事で社会的信用に影響する理由は、常に同じ場所に対して電話がかけられないという不安定性と共に電話加入権が関係しています。

固定電話を契約する際には電話加入権を得て電話回線を整備し電話番号を得るという仕組みになっており、設置されていないという事は金銭を支払電話加入権を入手していないという様子になるので、金銭面で信用が低いと扱われローンなどが組めなくなります。

他にも災害が発生しても繋がりやすいため、解約によって災害時に連絡手段が断たれてしまい意思疎通ができなくなるといったデメリットもあります。

スポンサードリンク

NTT固定電話の解約方法

NTTは一つの企業の中で東日本と西日本で部門が異なるため、NTTの固定電話を以後利用しない時には今現在電話機を設置し生活している場所が東日本もしくは西日本のどちらに該当するのかを確認しましょう。

区域により取り扱い部門が異なるだけではなく手続きに関しても差異があるので、しっかりと確認した上で該当する地域の担当に対して連絡を行います。

連絡する方法は電話またはインターネットを介してウェブサイトから進めていく事もでき、電話を利用するのであれば市外局番を付けずに116に電話するとすぐに担当部に対し繋がります。

一方、インターネットを介しウェブサイトから手続きを進めていく場合もNTTの東日本または西日本の公式ホームページにアクセスし利用休止と一時中断、解約の3つの選択肢がある中で解約を選びます。

公式ホームページから申込みをした際には後から担当者が電話連絡をして下さるので、情報や資料の整理をしつつ電話連絡が来るまで待機しましょう。

NTT解約後の固定電話格安サービス比較(03plus・CITVPlus)

事務所や個人事業主など社会的信用の観点からも固定電話の必要性に迫られているものの、回線を敷く事ができない事例ではスマートフォンのアプリを利用すれば、申し込みや回線を敷く作業をしなくても固定電話を導入した時と同じ環境が構築できます。

特に支持されているのがどちらも格安サービスでありつつも優れたサービスを展開している03plusとCITVPlusであり、03plusは複数名で利用可能な代表電話番号と直通番号が得られる上に社内での通話が無料です。

03plusの料金は1ヶ月の初期費用が5千円で基本使用料が980円のプランの他に、1年間の場合だと初期費用が発生せず基本使用料が1万1760円があります。

CITVPlusは1つの電話番号を5名で共有可能である上に、留守番電話サービスや内線での通話が無料というサービスを展開しており、初期費用が5千円で1ヶ月あたりの基本使用料が980円というわかりやすく小さな負担です。

スポンサードリンク