親指の付け根が痛い!手の腱鞘炎の痛みの治し方わかりやすい解説

親指の付け根

親指の付け根が痛い腱鞘炎のサポーターの選び方

仕事や家事、スポーツなど手先を動かす機会が多かったり比較的強い力を込めつつ同じ手の形を維持する人は、腱鞘炎を発症する可能性が高まります。

そのため、予防のために予めサポーターを装着しておいたり、変調を感じたらすぐに装着する事が大切です。

特に親指の付け根は母子球を中心にして痛みが生じやすいポイントなので、母子球がしっかりと固定させられるタイプを選びましょう。

販売されているサポーターにおいて母子球を固定する方法として用いられているのは、強度なナイロンなど生地の力を利用するタイプの他に内部に軽量なプラスチック製のパーツを入れて固定するタイプがあります。

まだ症状特有の痛みを感じておらず予防として用いるのならナイロン生地などの力を用いるタイプでも良いですが、既に痛いのであれば軽量なプラスチック製のパーツが入っている製品を選ぶと母子球を含めて親指全体が固定化させられます。

また、プラスチックのパーツがS字型の商品も販売されているので、反り返りによって痛いのならS字型のパーツの商品を選びましょう。

スポンサードリンク

親指の付け根が痛い腱鞘炎のテーピング方法

親指の付け根が痛い場合にテーピングを施す際は合計で3枚のテープを使用するため、予めテープを伸ばして手に適する長さに3等分しておきます。

1枚目は親指の違和感を感じる箇所を通るようにしてテープを貼り付けていくのですが、貼り付ける際にポイントになるのは余裕があるように貼るのではなく、適度な力を加えつつ引っ張りながら貼る事です。

現在販売されている製品は肌に優しいものの粘着性が強いのが特徴的ですが、貼り付けた後は念のため上から押さえつけてよく貼り付けるようにした後、2枚目を手に取って1枚目とクロスさせるように貼り付けます。

3枚目だけには1枚目と2枚目には入れていない切り込みを入れるようにし、入れた切り込みの部分を親指が通るようにして3枚目のテープを貼り付けていきます。

3枚のテーピングを親指の付け根に貼る時にポイントになるのは総じて引っ張るようにして貼る事であり、引っ張る事で反り返りなどによる腱鞘炎の痛みに対処可能です。

スポンサードリンク

親指の付け根が痛い腱鞘炎のマッサージ方法

親指の付け根が痛い時に自らのもう一方の手でマッサージを施す際には、痛みを感じている方の親指と人差し指の中間部分をもう一方の親指と人差し指を使用して挟み込むように触れましょう。

上下で挟み込むようにして触れた後は少しずつ指に力を加えていき指圧をしていく様子になりますが、指圧に適する強さに関しては施術を施している手に疲れを感じない程度の圧力が適しています。

また、腱鞘炎を引き起こしている親指の付け根の筋肉というのは手の中でも特に大きな筋組織であるが故に、一箇所のみを指で圧力を加えるのではなく少しずつ圧を加える場所を変更していく事も大切です。

そして、指圧のマッサージを終えた後は背筋を伸ばして良い姿勢で椅子に腰を掛け、指が痛い方の手を前方に伸ばした後痛くない方の手で親指を掴み指を自分の身体の方に引っ張るようにしましょう。

手前側に引っ張る事により母子球の筋組織も引っ張られるので、筋肉に柔軟性が戻り腱鞘炎の痛みが解消されます。

親指の付け根が痛い腱鞘炎でゴルフした場合の悪化リスク(腫れ)

ゴルフを嗜む方に腱鞘炎を発症する方が多い理由は比較的細いクラブをしっかりと握り込む上に、理想的な場所に向けてボールを飛ばすために繊細な指や手の動きも加わるためです。

そのような腱鞘炎を発症しやすい競技を痛みを感じつつも継続していると親指の付け根に生じていた僅かな違和感が次第に痛みへと変わり、痛みの強まりと共に大きく腫れ上がってきます。

赤みを伴いつつ大きく腫れ上がっている様子は内部の筋組織が炎症している証拠なのですが、既に痛いのにも関わらず続けると疲労により硬化した筋肉が柔軟性を失った事により断裂してしまう事もあります。

つまり、既に不調を覚えているのにも関わらず継続してしまうと炎症から怪我に進行してしまいますし、分類上は同じ分類として扱われるばね指に繋がる事例も稀有ではありません。

悪化した際にはマッサージなどでは完治を目指すのが難しく、手術や注射といった外科治療が求められるので不調を覚えた際には安静にしましょう。

スポンサードリンク